QLOOKアクセス解析

安西水丸展

2016/07/05 Tue 18:59

暑い。死ぬ。いや死なん。
mizumaru_flyer_01.jpg 

さて、私は先日京都に安西水丸展を見に行きました。
駅構内にあるその名も「えき」というギャラリーです。
ここには以前、山口晃氏の展覧会を見に行ったことがあります。

人が多いと予想される週末を避け平日に行きやした。
中に入ると、安西さんの原画とその絵が装丁になった印刷物や出版物が展示されてます。
部屋中がパッと明るく鮮やかでビビットな色彩豊かな空間。

「ほー、色はこうなるのか。原画はこれくらいのサイズなのか。印刷されるとこうなるのか。」
などなど、イラストレーターならではの仕事ぶり、楽しみ方を体験させてもらいました。

こういうイラストレーターの方の仕事を見る機会ってあまりないんですよね。
まあ美術や芸術の展覧会はたくさんやってますけど。
僕は美術や芸術鑑賞よりも、こういう仕事の為のイラストレーターの作品の方が好きなんですよね。

他人のラフ絵とか、没絵とか。修正とかしてるのを見ると、嬉しくなります。
「あぁ、この人でも普通に間違えたり失敗するんだ」って。
以前ゴーリー展を見た時もチョコチョコ修正液で直してました。安心。安心。

安西さんも原画はかなり修正してました。上から紙を貼って描き直したり。
それが仕事として印刷物になった時にはわからない様になってます。

安西さんと言えば、パントーンを貼った作風が有名ですが、
他にも色鉛筆で描かれた絵や絵の具で描かれた作品もありました。
漫画も多数展示されてました。

絵本やポスターなど実に幅広く活躍されていたのだな、と思いました。
仕事によってタッチを使い分け、時に可愛く、時に大人っぽく、時に面白く。
力の抜けた緩やかな雰囲気であることは共通しています。

イラストレーターの仕事を拝見させていただく貴重な体験で、
ワクワクしっぱなしの空間でした。








日記
あけましておめでとうございます。
相変わらず久しぶりのブログです。

まあ、僕と言えば特に変わったこともなく、 いつも通りの生活ですわ。
いつも通りの生活が一番幸せなことですがね。

相変わらずコツコツと絵は制作してるんですが、
思うように結果がついて来ないべ。
どうすりゃいいんでゲスかねえ。

時々今のイラストレーションは駄目なんかなあ、
とか思ったりしてます。

自分で自分の絵は評価は出来ないのでね。。。
日記

作品の販売

2015/10/29 Thu 18:23

☆Creemaでジークレー版画の販売をしています☆ 画像の説明文
日記
ゆ〜きやこんこん
あ〜られやこんこん

なんつってますけど、LINEスタンプの新作作りました。
「生きろ!山田くん!」です。
 main_20141210192653ae3.png DVC00010.jpg 15.png
今までは可愛い系で攻めていましたが、
今回は 初めてネタ系のスタンプを作りました。

流石にこれだけ作るともう、飽きてきた感が凄い。。。
正直かなり嫌々作ってました(笑)
なんとかやり遂げた感じです。

正直このスタンプに関してはあまり自身が無いです。
期待はしてません。とにかく疲れた。。。

日記

マントを着けたネコ その2

2014/12/02 Tue 22:10

04.png DVC00009.jpg 20.png というわけで前回の続きです。

今回作成した「マントを着けたネコ」であるが、
作った経緯を描きます。
 
まず、ネコ系は人気があります。ネコは擬人化しやすいからではないかな。
可愛くもあるが、クールな一面を持つ。ふてぶてしさもある。
描きやすいし、キャラにしやすい。そんな理由でネコキャラにした。

そしてモノクロ。これは正直単に色を付けるのが面倒い。。。
というのもあるけど、噂では白いのが売れやすいらしい。

これはイラストレーションにも共通することだけど、
凝り固まったキャラや色は主張が強過ぎて使いづらい。
あくまでもメールの絵文字の様な、誰でも気軽に使いやすい、
顔文字なんかもそうだけど感情を投影しやすい、というのか。。。
そういう理由ではないかと思う。

そして前回のスタンプ「宇宙から来たくま」から文字を無くしました。
今LINEは世界に市場を広げていて日本以外でも広がっています。
なので文字を付けずに、世界中で買ってもらえるスタンプを目指した。

最初のスタンプ「鉛筆ボーイ」では英語版も作ったけど、
英語圏ではLINEはまだあまり普及していないのであんまり。。。

そういうことで今回は「女性、学生(女子)、海外」という、
明確なターゲットを定めてLINEスタンププロジェクトを進めた。

「宇宙から来たくま」と「マントを着けたネコ」は承認されれば、
「鉛筆ボーイ」よりは売り上げが期待出来るんじゃないか、
という期待はあるけど果たしてどうなるか・・・


日記
 | HOME | Next »